2016年8月17日水曜日

見慣れた景色 違って見える お日さまも笑ってる(わがままカレッジ)

今年もお盆が終わりました。

お陰さまで、山形庄内の様々な売り場で爆発的にかりんと百米が売れて、皆が東京や様々な生活に百米ちゃんを連れて行ってくれました。でも、自分は「帰省客」相手に商売やってるなんて思えず。地元に帰ってきた人を「客」として割り切るなんて、おいら全然出来ないッス。

そして、毎年この時期になると、お盆になって山形に帰省してた東京時代の自分を思い出します。

2011年に帰ってきて、5年目の山形庄内。
高校まで18年間過ごしていた山形の、およそ500倍くらい面白く暮らせています。

ローカルの面白さは、誰もがほとんど同じレイヤーで繋がれることでしょう。ですがそれは同時に「キツさ」でもあるように感じます。かつての東京では、会いたくない人には絶対に会わずに暮らせたし、行きたくない場所には行かなくて済みました。でもこっちだとなかなか難しくて、会わざるを得ない繋がりもあり、行かざるを得ない飲みもあるし、抱えざるを得ないカルマもございます。

でも、これを高校野球に例えると、山形という土地は、部員9人しかいない野球部で甲子園に出ているような感覚があります。全員がレギュラー。対して東京は、何軍まであるかわからんような、超大型の名門高校。目立つのが大変どころか、そもそも自分が集団に関われてる感覚がありません。

だからこそ。人が少ないからこそ。自分は山形で誰の話も聞こうと思えたし、誰のことも受け入れようとするスタンスを初めて取れました。これはかつての自分だったら考えられないことです。そうやって色んな人と付き合っていくと、それが更に色んな出会いに繋がり、広がっていきました。参加せざるを得なかった、嫌々行った会合での出会いや言葉が、余裕で俺を支えています。不思議なもんです。親戚に2人はいる元町会議員。親戚の親戚までたどれば元県議会議員くらいまではいける。そんなお偉いさんじゃなくても、別にだれにでも会えますし、別にどこへでもいけます。

ドゥワチャライクを始める前に、フジロッ久(仮)の藤原さんと話して、「地域は変えるものではなく、広げるものだ」ということに気付きました。

1の山形しか知らない若者に、2を見せたい。100知って満足しているおじさんに、101を繋げたい。
隅々まで味わって初めて、見える山形がある。暮らしを営むということは実は結構めんどくさくて楽しい。

そうやって色んな出会いをリアルに感じれて、ありとあらゆる場面で接近戦を味わえるのが、ローカルの一番の面白さです。全員がレギュラー。全員が当事者。「すぐ顔覚えられちゃって、何処に行っても知り合いだらけ」の息苦しさを克服する手段は、その繋がりから何かを見つけることしかありません。高校生が「知り合いがいっぱいいて良かった」と思える街になればいいのにと心底思う。

8月27日、3回目のドゥワチャライクを開催します。

自分が歩き回って出会ったバンドと、歩き回って出会った飲食店、クラフト作家、画家、色んな人に出てもらって、色んな人に来てもらって、色んな人を繋げたいと思って作っています。もちろん、自分一人の力では足りなくて、紹介してもらっての縁も沢山。というかほとんど。

きっかけ作り祭りとよく言ってもらえる通り、8月28日以降に行きたい場所ややりたいことを作れるお祭りを目指しています。

出演するバンドから紹介されるバンドを何よりも信頼するし、一緒に制作するスタッフから紹介される出店者を何よりも信頼する。繋がりを愛でるお祭り。地図を買って歩きまわるのではなく、色んな人に出会って地図を作っていく。新しい出会いがどんどん増えて、地元に生きる人が楽しんで、地元を誇れるきっかけに、ドゥワチャライクがなれればと思っています。

前回、東京から来てくれたお客さんが「東京での生き方が変わった」と言ってくれたとき、自分の考えが1段階奥に行った感覚を得ました。ローカル目線の暮らし方。場所ではなく、スタンスで決まる街の色。

夢の国を作るのではなく、山形を夢の国だと感じることができると思えるお祭りを作る。
現実逃避のイベントではなく、現実そのものを良くする1日を。

ライブハウスに行ったことがない、10年間CD買っていない、山形がつまんなくて休みの度に仙台や東京に行ってる。そういう人にこそ来て欲しい。誘って欲しい。「ライブハウス入門」に、このイベントより最適なイベントは日本中探しても無いと思います。本当に。色んな人が来れば来るだけドゥワチャライクは良いイベントになります。音楽好きと食べるの好きな人とクラフト好きが交わることで、もっともっといろんな発見を得られるように。楽しんで頑張って制作します。

そして今年の11月12日にはDOITを。
http://doit-yamagata.jp/

米農家やるっていって帰ってきて、お陰さまで面白がってもらえて、色んなことやれております。
人の交わりが連綿とつながって、次第にそれぞれに還元できる感じで生きれてて、本当に楽しいです。

地元のライブハウスに通い始めて1年。自分が山形に帰ってきて5年。年上も年下も、知り合いがたくさん出来た。困ったら電話できる人が増えた。困ったら電話してくれる人も出来た。貰った縁と感じた面白さをすべて詰め込んだお祭りとして、ドゥワチャライク、一生懸命作りますよ!

※イベントページとHPはコチラです。イベントページの「参加」 を押すだけで前売予約になりますのでお気軽にどうぞです!
https://www.facebook.com/events/631750403669232/
http://www.dowhatyoulike.today/

盆は開けましたが、2016年は日々ヤバイことだらけです。しかしながら、大事なのはイベントではなく、イベントから立ち戻れる日常の充実だと心の底から感じます。高校の卒業式、思い出して泣いちゃうのは、体育祭でも文化祭でもなく、楽しかった友達とのエブリディそのもの。その日常そのものを「広げる」べく、ドゥワチャライクというイベントをやります。

なので、お気軽に。文字通り「遊び」に来て下さい!遊んで広がる日常が一番ハッピーです。そして少しでもこの取組を知ってほしいので、シェアして頂けると嬉しいです。変な農家、変なイベンター、変な若者、まだまだヤります!

ではではドゥワチャライク3RD、宜しくお願いします!



_______
ドゥワチャライク -DO WHAT YOU LIKE
2016年8月27日 (土) 雨天決行
food&store 14:00~
live open/start 15:10/15:30
about end 22:00
adv/door 2,500yen/3,000yen +1D
*students all 1,500yen(前売受付のみ/当日受付で学生証を提示して下さい)
会場:
酒田hope* 山形県酒田市中町2丁目5−31
MUSIC:
音の旅crew (東京)
わがままカレッジ (東京)
The Wisely Brothers (東京)
yEAN (千葉)
CHAI (名古屋)
FRIDAYZ(山形)
まっくら学芸会 (山形)
ピリオド (山形)
FOOD&STORE
飛脚
Studio+14
hibicafe
中華厨房 衡
Kamm
Ochers
Lei Lani
けんふらカレー
あんべいの
FRUITS DO
LIVE PAINTING
プリチーズ(CHAIユウキ×オケモトリリ)
TICKET -HOW TO BUY:
オフィシャルサイト予約フォーム
http://www.dowhatyoulike.today/#!ticket/rcn88
酒田hope
各出演者メール予約
のいずれかにご予約下さい。
主催: ドゥワチャライク実行委員会
TOTAL INFO: http://www.dowhatyoulike.today
お問い合わせ: yuto@dowhatyoulike.today

2016年5月7日土曜日

俺とDIE-NOJI。

日付変わって本日5月7日。
明日5月8日には、酒田hopeで「ジャイアンナイト酒田」が開催されます。

昨年7月のドゥワチャライクで大谷さんに出演して頂いたけど、大谷さん大地さんの、文字通り「ダイノジ」両名が酒田でイベントに参加してくれるのは、これが初。もちろんジャイアンナイトもこれが初。

これは、長いようで短い、ダイノジにまつわる極私的な俺の話。明日のイベントが、少し印象深くなるような、そんな話になると思います。

まずはこちらの画像。










これは、2009年11月8日に早稲田祭で開催された、ダイノジトークライブのパンフレットの一部。

2009年当時。21歳。
早稲田大学の中退を早々に決め込んだ俺は、「除籍を待つ」という謎の期間を過ごしつつ、企画集団便利舎というサークルに所属していました。このサークルは、トークライブを企画制作するという、何ともニッチな活動趣旨を持った集まりで、かつては古舘伊知郎からブルーハーツ、フィッシュマンズまで、様々な芸能人を招いた企画を行ってきました。

その中で、自分がどうしてもやりたくて、組んだ企画がこちら。
『ダイノジ!ワセダ!180分!ショウ・ライフ』
(当時のポスター。)

当時大学に全く行かず、変なバイトを入れながらロフトプラスワンやネイキッドロフトに通っていた俺は、ダイノジの面白さと危うさに取り憑かれておりました。当時を振り返って大谷さんはいま、「仕事が全然なくてかなりキツくて、それでも新宿のトークライブ小屋で2.30人のお客さん相手に喋って。(それが結果的にラジオに繋がって)」とよく語っており、、その2.30人の中に俺は(ずっと)いました。

映画に漫画に音楽にプロ野球にグルメ。ありとあらゆるジャンルを横断する大谷さんのトークは、ユーモアやインテリジェンスに加えて、現状の「仕事がない」「売れてない」ことに対する焦りや怒り、それが醸し出す「危うさ」が相まって、最高に「面白く」なっていました。

そんな最中のダイノジ芸歴15周年記念単独ライブ『人生劇場』inルミネザよしもと。芸人として仕事が全然無い中、キツイ中、続ける美学、辞めない美学で充満したコントの数々に、かつてないほど感動。俺がお笑いが好きな理由が全部詰まっているライブでした。

そしてその半年後、めちゃイケ新メンバーオーディションで、プロデューサー片岡飛鳥さんから「ダイノジはかわいそうな時が一番面白いんだよ」と後から言われる、審査員特別賞(新メンバーにはなれず)。売れない方が面白い。芸人ってなんて残酷な仕事だと思いました。

そんな中で開催した早稲田でダイノジ180分トークライブ。中居正広最強論、原辰徳大喜利王説、、そして今もずっと話し続けている引き受ける美学の話。何度も何度も打ち合わせしてもらって頂戴したダイノジの魅力を、自分なりに存分に詰め込んだ、とてもエモいトークライブになりました。


それからも東京で放蕩している自分に、「制作やらない?」「イベント遊びきなよ」なんて声をかけてくれる大谷さん。一緒にツアーにということで名古屋や札幌、連れて行っていただきました。

俺がダイノジの何が好きかというと、とにかくガムシャラなところ。そして優しいところ。ずっと考えましたがこの2つになると思います。ダイノジのDJ、そして大谷さんのブログから、俺は今の自分の音楽の聞きかたの基本を教わりました。ジャニーズやアイドルを仮想敵にしてしか自分の好きなモノを肯定できない俺が、何にもとらわれず、すべての音楽を楽しむことが出来たのは間違いなくダイノジのおかげです。俺のヴィレッジヴァンガードは、ダイノジでした。

好きなものを好きというのに嫌いを表明する必要がないこと。マイノリティが集まることの美しさ。好きだと思ったものを躊躇せず、がむしゃらに好きと言っていくそのスタンスに、影響を受けました。毎週毎週ラジオで「今年のベストは○○です!!」といろんなバンドの名前や映画のタイトルを叫ぶ大谷さん。ともすればそれは「芯がない」し「軽薄」な行為に思えるかもしれない。でも。俺は大谷さんが誰よりも「人生変えられるスタンスで、好奇心ブリブリでサブカルに接している」ことを知っていました。作品や表現に対し、後ろでどんなもんだいと評論家づらして腕を組んでみることなく、乗っかり、楽しみ、変えられ、発信する。そんな人生って最高だろうなぁと、今でも思います。

と。
2009年以来、ダイノジのことを僕はずっっっっっと見ていますし、いろんなことを教わっています。
早稲田のイベントが終わってからも、俺のことを気にかけてくれて、制作に誘ってくれたり、山形帰ってからも、俺が作った米食ってくれたり、おすすめのバンド送ったら聞いてくれるし、イベントの提案くれるし、感謝しかありません。ほんとにありがとうございます。



































そして満を持しての前回のドゥワチャ、DJダイノジ大谷ノブ彦の登場。
ここでも1個だけ忘れられないエピソード。会場の外で酩酊してふらついてるおっさんがいて、そのおっさんに当日券買ってもらって、中に押しこんだら、30分後に泣きながら出てきて。「どうしたんすか、、?」と声をかけると、

「おれ去年仕事なくなって、鬱病なって夜も寝れなくって、ラジオでずっとダイノジ大谷のオールナイトニッポン聞いてたんだよ。で、何も知らずに楽しそうだなんて中入ったら、本人いたんだもん、びっくりしちゃった・・・」。

芸人の力。お笑いの力ってこういうことだと思いました。


スケジュールの都合で前回は大谷さんのみの参加だったけど、今回は大地さんも登場。ここでも少なからずな縁が。













●KENTA FRIDAYZ BLOG(こちらも是非!)



更にわがままカレッジも12月のドゥワチャ以来の登場です。








MOROHAもクリトリック・リスもフジロッ久(仮)も、こうやって1回だけの関係ではなく、そこで何かを分かち合えて、またこうして訪ねてきてくれたり、たまに自分が東京に遊びに行ったりという関係を継続できていること、本当に酒田という土地を誇りに思うし、これからもやっていかないとと決意を新たにする次第。ありがたいです。

地元も胸張れる自慢の面々に支えられて、酒田であのピースフルで発見と笑いに満ち溢れた「ジャイアンナイト」を開催できること、本当に嬉しい。

DJダイノジ東北ツアーのツアーファイナル。
2016年ゴールデンウィーク最後の悪あがき。
パーティーしようぜと。そんな気持ちです!

予約は下記詳細を確認の上!たくさん頂いてますがまだ間に合います!是非よろしくお願いします!

































■2016年5月8日日曜日
ドゥワチャライクpresents
「ジャイアンナイト酒田」
●場所:
酒田hope(山形)
http://sakatahope.com/
●時間:
OPEN 17:30
START 18:00
(終演予定22時)
●出演:
DJダイノジ
わがままカレッジ
FRIDAYZ
DOLIPULE
Gongue Ranquistas
●チケット:
前売2,000円
当日2,500円
(各1ドリンク別)
------------------------------
【チケットメール予約先】
sasuke.yoyaku@gmail.com (ダイノジ)
dxwxyxl@yahoo.co.jp (主催)
件名に「0508DJダイノジ」
本文に「名前」「枚数」を記入して送信して下さい
当日受付でお名前を告げるとメール予約料金でご入場頂けます
※出演者や内容は都合により変更となる場合があります あらかじめご了承下さい

その他、各出演者へのメール予約も受け付けております。
-------------------------------------------
【会場お問い合わせ】
酒田hope(山形)
〒998-0044
山形県酒田市中町二丁目5-29
酒田市役所近くマリーン5清水屋デパート裏通り川柳食堂向かい
TEL 090-9539-2459(代表/酒井)

2016年1月21日木曜日

無邪気に笑ってくれよ まるで河相我聞みたいに(どついたるねん)

明けましておめでとうございます!遅い!

もう一昨年の11月になりますが、カンパニー松尾監督を招いてのテレクラキャノンボール企画から始まり、去年はBiSキャノ、モシエノ大學20回、ドゥワチャ1にドゥワチャ2、イベントやればやるほど、この街が徐々に見えてくる気がして、好きになりました。

今年も、いろいろやっていきます。帰ってきた2011年、花林糖出した2012年、死ぬほど営業した2013年、庄内と繋がり始めた2014年、そして友達がたくさん増えた2015年。2016年は、色々花開いた2016年になる、はず!しますよ。爆発じゃ。

お陰様で花林糖はご愛顧にご愛顧を頂いて、山形土産菓子コンテストで優秀賞を頂きました。
県内ありとあらゆる物産館、土産屋で買えます。山居倉庫にはありません。支えてくれる皆さん、ありがとうございます。活動源です。


これを出したことでの転換は本当に大きかったです。会ったことがない人でも「あのかりんとうの!」佐藤さんなんですねなんて話しかけてもらえて、そこで得た出会いがまた人を呼んで、繋げてくれました。

幸福は人と一緒にやってくるし、人は俺が動けばやってくる。

ドゥワチャライクも全くそうです。
フジロッ久の藤原氏と初めて連絡をとったのが、去年の3月27日。その時にした電話が3時間45分笑。
そして藤原氏が初めて庄内に来たのが7月5日、それから今日まで、半年の間に4回庄内に来てくれた。年越しもまさかの酒田!

12月のドゥワチャライクが終わって、1月、すぐにやってきてくれるクリトリック・リスとMOROHAにも同じことを感じる。ありがたいと嬉しいが混ざる、何ともいい気持ち。

よく、「どんなコネがあってドゥワチャのブッキング出来るんですか?」なんて聞かれるけど、全部正面突破ですぞ。DM送ったり、ライブ行って話しかけたりの繰り返し。幼稚園以来、「社会」に出て、いろんな人と会って盛り上がって遊んでの繰り返しの中で、大なり小なり、いろんな事が広がっていって今にいたっている人生、それはドゥワチャスタッフの人生もそうなんだけど、そういうのがまたリンクして広がって、すごく楽しいです。ありがたいです。

度々言っている、「ドゥワチャライクの目標は出演者全員の庄内への移住」って話、あれも全然マジな話で、テレクラキャノンボールでカンパニー松尾監督を呼んだ時に思ったんですが、もし庄内が「日本で一番AV撮るのに最高の場所」になれば、日本中のAV監督が庄内に来るんじゃないかと感じまして。。それは音楽でもクラフトでもラーメンでも同じ話で。日本一、音楽家が健やかに暮らせるための土地としての条件、みたいなものを考えて、それを一個一個大事に達成していければ、有り得ない話じゃないと思うんです。で、自分なりの庄内のプレゼンを考えてぶつけた結果、フジロッ久藤原氏半年で4回の来庄。プライベート含む。ぼんやり達成。いいぞいいぞと。「老後」ってすごい言葉だなぁって思うんだけど、もし我々の人生に「老後」や「晩年」があるんであれば、知り合った全員と、ここで、好きなことして暮らしたい。現実見れば諦めが付くかとも思ったけど、現実見れば見るほど行けそうな気がして、ウケるっす。まだまだやらないと。


で、今月は酒田hopeでまた2本のイベントに関わります。

まずはこちら、どついたるねんワンマン酒田公演。
実は昨年7月のドゥワチャにも声をかけていました。
本当に大好きなバンドです。何度も東京まで見に行っていて、いつか酒田に呼びたいと思ってました。
で、昨年末に「どついたるねん全国ツアー決定!」の報がナタリーに上がり、ツアー日程を確認すると、、

この衝撃。

日本地図を一筆書きでたどり、先に日程を決めて、ツアーに飛び出すという荒行です。会場募集してます!の文字を見て、速攻で「山形やらしてください!」と酒田hopeとどついたるねんに連絡を入れました。

俺が知っている中で、3本の指に入る「間違いなく良いライブをする集団」です。いかんせんワンマンなので、集客苦戦中。でも前情報無しで見るどついたるねんが一番やばい!ということで、俺とドゥワチャライクを信じて、遊びに来て欲しいです。音楽が好きであれば大丈夫。「東京で一番面白いライブをするバンド」を自称するバンドの強さ、本当に見て欲しいです。
予約はdxwxyxl@yahoo.co.jp まで。その他FBメッセージ、TwitterのDMリプライ、なんでもOKです。

しいて動画を上げるならこの2つ。見てみてくださいね。







そして26日にはMOROHA再び!
地元もFRIDAYZ、distwilights、this isが迎え撃ってくれます。

MOROHAの「上京タワーリリースツアー」が、仙台公演のあと日程が空いているのを見ていて、なんとかぶっこんでくれないかなと思ってました。企画前、渋谷O-nestでのMOROHA企画で挨拶して、それでもなかなか伝えきれなくて、やっと打ち上げで、じっくり話すことが出来ました。庄内のこと、ドゥワチャライクのこと、音楽業界のこと、MOROHAの地元長野のこともたくさん聞いて、話して、そんな中ぶつけた「仙台のあと酒田でやってもらえませんか?」。思いが届いて、通じて、実現しました。嬉しかった。


こちらも予約待ってます。



そんなこんなで、1月からワクワクするスタート切ってる。田舎だなんてことは重々知ってる。毎年卒業する高校生の6割は県外に出て、そのうちの更に6割は生涯帰ってこない。そんな中で、なんとか自分と自分の回りにいる人、更にそれに面白そうだと近づいてくれる人の全てで、一生楽しく抗いたい。逆らいたいと思っています。

今年もよろしくお願いします!