2016年5月7日土曜日

俺とDIE-NOJI。

日付変わって本日5月7日。
明日5月8日には、酒田hopeで「ジャイアンナイト酒田」が開催されます。

昨年7月のドゥワチャライクで大谷さんに出演して頂いたけど、大谷さん大地さんの、文字通り「ダイノジ」両名が酒田でイベントに参加してくれるのは、これが初。もちろんジャイアンナイトもこれが初。

これは、長いようで短い、ダイノジにまつわる極私的な俺の話。明日のイベントが、少し印象深くなるような、そんな話になると思います。

まずはこちらの画像。










これは、2009年11月8日に早稲田祭で開催された、ダイノジトークライブのパンフレットの一部。

2009年当時。21歳。
早稲田大学の中退を早々に決め込んだ俺は、「除籍を待つ」という謎の期間を過ごしつつ、企画集団便利舎というサークルに所属していました。このサークルは、トークライブを企画制作するという、何ともニッチな活動趣旨を持った集まりで、かつては古舘伊知郎からブルーハーツ、フィッシュマンズまで、様々な芸能人を招いた企画を行ってきました。

その中で、自分がどうしてもやりたくて、組んだ企画がこちら。
『ダイノジ!ワセダ!180分!ショウ・ライフ』
(当時のポスター。)

当時大学に全く行かず、変なバイトを入れながらロフトプラスワンやネイキッドロフトに通っていた俺は、ダイノジの面白さと危うさに取り憑かれておりました。当時を振り返って大谷さんはいま、「仕事が全然なくてかなりキツくて、それでも新宿のトークライブ小屋で2.30人のお客さん相手に喋って。(それが結果的にラジオに繋がって)」とよく語っており、、その2.30人の中に俺は(ずっと)いました。

映画に漫画に音楽にプロ野球にグルメ。ありとあらゆるジャンルを横断する大谷さんのトークは、ユーモアやインテリジェンスに加えて、現状の「仕事がない」「売れてない」ことに対する焦りや怒り、それが醸し出す「危うさ」が相まって、最高に「面白く」なっていました。

そんな最中のダイノジ芸歴15周年記念単独ライブ『人生劇場』inルミネザよしもと。芸人として仕事が全然無い中、キツイ中、続ける美学、辞めない美学で充満したコントの数々に、かつてないほど感動。俺がお笑いが好きな理由が全部詰まっているライブでした。

そしてその半年後、めちゃイケ新メンバーオーディションで、プロデューサー片岡飛鳥さんから「ダイノジはかわいそうな時が一番面白いんだよ」と後から言われる、審査員特別賞(新メンバーにはなれず)。売れない方が面白い。芸人ってなんて残酷な仕事だと思いました。

そんな中で開催した早稲田でダイノジ180分トークライブ。中居正広最強論、原辰徳大喜利王説、、そして今もずっと話し続けている引き受ける美学の話。何度も何度も打ち合わせしてもらって頂戴したダイノジの魅力を、自分なりに存分に詰め込んだ、とてもエモいトークライブになりました。


それからも東京で放蕩している自分に、「制作やらない?」「イベント遊びきなよ」なんて声をかけてくれる大谷さん。一緒にツアーにということで名古屋や札幌、連れて行っていただきました。

俺がダイノジの何が好きかというと、とにかくガムシャラなところ。そして優しいところ。ずっと考えましたがこの2つになると思います。ダイノジのDJ、そして大谷さんのブログから、俺は今の自分の音楽の聞きかたの基本を教わりました。ジャニーズやアイドルを仮想敵にしてしか自分の好きなモノを肯定できない俺が、何にもとらわれず、すべての音楽を楽しむことが出来たのは間違いなくダイノジのおかげです。俺のヴィレッジヴァンガードは、ダイノジでした。

好きなものを好きというのに嫌いを表明する必要がないこと。マイノリティが集まることの美しさ。好きだと思ったものを躊躇せず、がむしゃらに好きと言っていくそのスタンスに、影響を受けました。毎週毎週ラジオで「今年のベストは○○です!!」といろんなバンドの名前や映画のタイトルを叫ぶ大谷さん。ともすればそれは「芯がない」し「軽薄」な行為に思えるかもしれない。でも。俺は大谷さんが誰よりも「人生変えられるスタンスで、好奇心ブリブリでサブカルに接している」ことを知っていました。作品や表現に対し、後ろでどんなもんだいと評論家づらして腕を組んでみることなく、乗っかり、楽しみ、変えられ、発信する。そんな人生って最高だろうなぁと、今でも思います。

と。
2009年以来、ダイノジのことを僕はずっっっっっと見ていますし、いろんなことを教わっています。
早稲田のイベントが終わってからも、俺のことを気にかけてくれて、制作に誘ってくれたり、山形帰ってからも、俺が作った米食ってくれたり、おすすめのバンド送ったら聞いてくれるし、イベントの提案くれるし、感謝しかありません。ほんとにありがとうございます。



































そして満を持しての前回のドゥワチャ、DJダイノジ大谷ノブ彦の登場。
ここでも1個だけ忘れられないエピソード。会場の外で酩酊してふらついてるおっさんがいて、そのおっさんに当日券買ってもらって、中に押しこんだら、30分後に泣きながら出てきて。「どうしたんすか、、?」と声をかけると、

「おれ去年仕事なくなって、鬱病なって夜も寝れなくって、ラジオでずっとダイノジ大谷のオールナイトニッポン聞いてたんだよ。で、何も知らずに楽しそうだなんて中入ったら、本人いたんだもん、びっくりしちゃった・・・」。

芸人の力。お笑いの力ってこういうことだと思いました。


スケジュールの都合で前回は大谷さんのみの参加だったけど、今回は大地さんも登場。ここでも少なからずな縁が。













●KENTA FRIDAYZ BLOG(こちらも是非!)



更にわがままカレッジも12月のドゥワチャ以来の登場です。








MOROHAもクリトリック・リスもフジロッ久(仮)も、こうやって1回だけの関係ではなく、そこで何かを分かち合えて、またこうして訪ねてきてくれたり、たまに自分が東京に遊びに行ったりという関係を継続できていること、本当に酒田という土地を誇りに思うし、これからもやっていかないとと決意を新たにする次第。ありがたいです。

地元も胸張れる自慢の面々に支えられて、酒田であのピースフルで発見と笑いに満ち溢れた「ジャイアンナイト」を開催できること、本当に嬉しい。

DJダイノジ東北ツアーのツアーファイナル。
2016年ゴールデンウィーク最後の悪あがき。
パーティーしようぜと。そんな気持ちです!

予約は下記詳細を確認の上!たくさん頂いてますがまだ間に合います!是非よろしくお願いします!

































■2016年5月8日日曜日
ドゥワチャライクpresents
「ジャイアンナイト酒田」
●場所:
酒田hope(山形)
http://sakatahope.com/
●時間:
OPEN 17:30
START 18:00
(終演予定22時)
●出演:
DJダイノジ
わがままカレッジ
FRIDAYZ
DOLIPULE
Gongue Ranquistas
●チケット:
前売2,000円
当日2,500円
(各1ドリンク別)
------------------------------
【チケットメール予約先】
sasuke.yoyaku@gmail.com (ダイノジ)
dxwxyxl@yahoo.co.jp (主催)
件名に「0508DJダイノジ」
本文に「名前」「枚数」を記入して送信して下さい
当日受付でお名前を告げるとメール予約料金でご入場頂けます
※出演者や内容は都合により変更となる場合があります あらかじめご了承下さい

その他、各出演者へのメール予約も受け付けております。
-------------------------------------------
【会場お問い合わせ】
酒田hope(山形)
〒998-0044
山形県酒田市中町二丁目5-29
酒田市役所近くマリーン5清水屋デパート裏通り川柳食堂向かい
TEL 090-9539-2459(代表/酒井)